Hello!
ふるくて新しくてすてきな印刷。
ファジカ活版部
活版印刷って?

活版の印刷技術を勉強していた
チーフデザイナー山下と、
タイポグラフィ大好き女子の吉沢。
その二人がであってできた、
ファジカの中の
ちいさなちいさな活版スタジオ。

お客様のオーダーで
手キン2台で名刺やカードを刷っています。
それが「ファジカ活版部」。

よーうーこーそー!

こんなものがつくれますヨ!

コースター
飲食店の方、小ロットでオリジナルの活版ステキコースターを作りませんか?ファン倍増!・・?
名刺
「名刺をきっかけに会話が弾む」「こだわりの企業姿勢を反映できて好印象」と大好評!の活版名刺。あなたも効果をお試しを☆
お知らせハガキ
季節のカード
年賀状などの季節カードもちろん、は特別感たっぷりにお店のオープンなどの告知などにも!
ご興味をお持ちの方はこちらまで

活版印刷とは・・・

おなじみの「木版画」や「はんこ」などと同じ、凸版で印刷する、昔ながらの印刷技術です。
活字という鉛でできた文字や
亜鉛版・樹脂版などを並べて作った版にインクをのせ、紙をプレスして印刷します。
昔は凸凹させずに印刷することが技術的に求められていましたが、現在では逆にその凸凹を
「活版印刷の味」ととらえ、その風合いを楽しむ方も増えています。
(印刷時にかける圧力を「印圧」といい、そういったご要望も出来る限り承ります)

ファジカでは手キンという手押しのプレス機を使用し、一枚ずつ刷り上げています。
手間もコストもかかってしまいますが、そうして出来た名刺やカードは
「あれ?他と違ってすてき!」とお渡しした方から
反応がかえってくるので、不思議なのです。